強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

脱毛する日に飲酒をしてはいけない!?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30
    

エステサロンやクリニックで提供されている脱毛は安全性が高いとされています。とはいえ、安心して施術を受けるためには注意点がないかどうかも知っておく必要があります。施術の日にお酒を飲む機会ができることもありますが、飲酒は施術に何らかの影響がないのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。

施術当日のお酒は気分が悪くなる可能性も

ムダ毛の悩みを解消する方法としては、エステサロンやクリニックによる脱毛が効果的です。現在は光やレーザーの照射による施術が中心となっており、痛みも少なく肌にも負担の少ない施術が評判できることで多くの人が利用しています。

施術は安全な方法でおこなわれていますが、やはり気をつけたいことはあります。体調が悪いときに施術を受けると、いつもより痛みを強く感じる、施術中に気分が悪くなる可能性もあります。それゆえ、体調の悪い日は無理をせずにキャンセルしておくほうが無難です。

お酒を飲んだときに施術を受けて良いのかどうかも気になるところですが、飲酒後の施術では、途中で気分が悪くなる可能性がありますので、施術前のお酒は避けたほうが無難です。アルコールが体から抜ける早さも個人差があり、短時間で抜ける人もあれば、長時間抜けないという人もいます。お酒が体に残りやすい体質の人は当日だけではなく、前日の飲酒も避けたほうが無難です。

アルコールの影響で赤みや腫れが出やすくなる

脱毛をする当日のお酒は避けたいところですが、終わってからなら大丈夫だと感じている人もあるのではないでしょうか。光やレーザーによる照射をしたあとは、肌をしっかりと冷やすクーリングの処置がおこなわれることが多くなっています。

これは、施術後の肌の赤みや痛みを抑えるためには欠かせないものです。血行が良くなるとより赤みや痛みが強くなる傾向にありますので、当日は長い入浴や激しい運動も避け安静に過ごすようにしましょう。

お酒を一杯ぐらいならと、考える人もあるかもしれませんが、飲酒は全身の血行をよくする効果があります。それゆえ、施術後の痛みや赤み、腫れが強くなり回復が遅れてしまう可能性もあります。施術後の肌の回復をスムーズにするためにも、施術後のお酒は避けるようにしましょう。

飲み会やパーティーが断れない場合

施術当日に飲み会やパーティーのお誘いがある場合は、断るべきかどうかでも悩むところです。どうしても断れない場合は、お酒は避けてノンアルコールドリンクやソフトドリンクで済ませるという方法もあります。

やはりお酒を飲みたいという場合は、当日の施術はキャンセルするなど対策を考えておきたいところです。脱毛サロンやクリニックではキャンセルにも対応しており、早めに予約を取り直しておけば、キャンセル料が発生しないことも多くなっています。

当日に無断でキャンセルすることはマナー違反になりますので、サロンに行けなくなった場合は必ず連絡をしておくことも大切です。

 

お酒はストレスの解消に役立ちますが、脱毛サロンを利用している人は注意が必要です。施術の前に飲んでしまうと、途中で気分が悪くなる可能性がありますし、いつもより施術中の痛みを強く感じる傾向にあります。

そして、施術後なら飲んでも大丈夫なのかということになりますが、施術後の肌はまだ熱を持っており、アルコールで血行を促進すると痛みや赤みが強く出てしまう可能性もあります。

飲み会が断れないときは、ノンアルコールやソフトドリンクを選ぶようにするなど対策も考えておきたいところです。お酒をどうしても飲みたいときは、施術日を変更することも考えましょう。無断でキャンセルすることはサロンにも迷惑になりますので、必ず連絡しましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件