強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

ブラジリアンワックスの使い方を解説!

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/06/08
    

脱毛は処理の間隔を長くして皮膚を守ることにも繋がりますし、見た目の悩みを解消することにも繋がります。脱毛と聞くとプロの処置がありますが、金額的にも負担は大きく感じる方も多いでしょう。低予算でおこなえるセルフ脱毛の中で高い効果があるブラジリアンワックスですが、使い方が正しくないと効果を実感できなくなります。

使用する前に準備しておくべきものを確認

ブラジリアンワックスの使用方法は簡単ですが、その品1つだけでは完結しません。事前準備がとても大切なセルフ脱毛なので可能な限り揃えることが推奨されています。

ワックス自体は通販やドラッグストアで3,000円程で購入することができます。スパチュラやペーパーが別途の商品もあるので、必ず確認しておくことが重要です。その他で用意するものは濡れたタオルにベビーパウダー、ウェットティッシュと小さなハサミです。

ベビーパウダーは脱毛前の余分な水分を飛ばすために必要で、小さなハサミは長すぎる毛を切るために使用します。濡れたタオルは使用後に痛みを軽減するために必要で、これがあることで使用後のワックスをふき取ることもできます。ウェットティッシュも濡れタオル同様使用後のワックスをふき取るために使用します。

使用する際の手順と正しい方法を解説

基本的な方法はブラジリアンワックスの商品に書いています。使用前に長い毛をハサミで切ることは、ワックスの効果を十分に得るために必要だからです。綺麗に抜ける長さがあり、1cmから2cm程なので、長すぎる毛は切って揃えておきます。この作業を怠ると綺麗に抜けずまばらになりがちです。

ブラジリアンワックスを使用して失敗する方の多くが、使用する肌に余分な水分が付着していることでしっかりワックスで毛が絡めないものです。ベビーパウダーで水分を飛ばし、付着率をより高めることが大切です。

そしてワックスを塗る作業に入りますが、ブラジリアンワックスは硬い方が粘着力が高い性質がありますので、硬さをみて湯煎や冷蔵庫を使用して調整します。ハチミツよりも少し硬い位がちょうど良いと言われており、この硬さの調整が成否を分けると言えます。

塗る際はペーパーの大きさに合わせて薄く均等に延ばしていき塗ります。その後ペーパーを貼っていくのですが、素早く貼らないといけないので焦って密着させるのが甘くなることも多いです。しっかり密着させるためにペーパーを押しなでる様にします。

最後にペーパーを剥がすのですが、ワックスを塗った方向と逆方向に一気に剥がします。躊躇してゆっくり剥がすのは効果を落とすことになりますので、この作業は多少の勇気も必要です。躊躇せずに音が鳴る位一気に剥がすことで逆に痛みも少ないです。

成功のコツは使用前には肌に水分を残さないことと塗る際に皮膚をたるませずしっかり抑えることです。そして剥がす際には躊躇せず勇気をもって勢いよく剥がすことです。

ブラジリアンワックスはアフターケアが肝心

脱毛後に素早く濡れタオルでクーリングすることで痛みを軽減できます。成功してもその後のケアが不十分だと埋没毛が発生することもあるので、アフターケアもしっかりおこなうことが大切です。

ブラジリアンワックスを使用したことで、直後は多くの毛穴が開いている状態です。毛を根元から抜いて古い角質も取り除かれた状態なので、使用直後の肌は非常にデリケートです。毛穴が無防備に開いている状態なので細菌が侵入しやすい状態なので、清潔を心掛ける必要があります。

濡れタオルでクーリング後は赤みやかゆみを和らげるために保湿をします。ブラジリアンワックス専用のアフタージェルもありますが、普段使用している化粧水でも十分です。ただし市販の化粧水の場合は敏感肌用の方が良いと言われています。

使用後には禁止されている行動もあり、これもアフターケアと言えます。汗をかく行為や湯船に浸からないことが挙げられますが、数日後には埋没毛予防のためにスクラブの使用が推奨されています。スクラブを使用することで不要な角質を除去できますし、その後生えてくる毛でチクチク感じることを軽減することにも繋がります。

 

ブラジリアンワックスを正しく使用することが大切ですが、事前に準備する品を用意したり使用後のアフターケアも重要です。失敗したり効果が実感できない方の多くは、使用前に肌に水分が残っていたり肌に異常があった方が多いです。

塗ること自体は簡単ですが、ペーパーをしっかり密着させていないことや何よりも剥がす際に怖くてゆっくり剥がしてしまったと言うこともよくある失敗談です。勇気をもって一気に剥がすことが必要で、痛みは直後に濡れタオルでクーリングすることで軽減できます。

その後は肌が弱っている状態なので、保湿や細菌が侵入しない様に気をつけましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件