強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

痣がある部分の脱毛は可能?

    

光を使って処理をするとき、肌に黒い部分があると施術ができないと言われます。
日焼けは厳禁で、ほくろなどは隠して施術を行います。
ほくろ以外にも黒い部分があるかもしれませんが、その時にどんな対応をしてくれるか知っておきましょう。

 

 

 

 

色が濃い時にはできないときもある

脱毛サロンで施術を受けるとき、カウンセリングで日焼けをしないように注意があります。
施術を受けようとする時期としては肌の露出が多くなる春から夏があるでしょう。
その時に日焼けをしないようにするのは結構大変です。
日焼け止めクリームを塗ったり、長袖や長ズボンなどを履いて肌を焼かないようにしないといけません。

なぜ日焼けがダメかですが、光を使った施術用の機械を使うときに影響が出るためです。
毛根の黒い部分に力を与えて毛を抜く仕組みになっていて、普通の肌なら毛の部分だけに光の力が伝わります。
日焼けをしていると肌全体に力が伝わるので、非常に危険な状態になります。

日焼けでなくても濃い痣がある部分に関しても行えないときがあります。
日焼けと理由は同じで、その部分に光の力が集中してしまい、肌に大きな影響を与えてしまいます。
施術を受けたい部分にあることが分かっているときは、カウンセリングの時に伝えておきましょう。

それ以外の部分に関しては行ってもらえます。
シールなどで保護して、他の部分の施術を行います。

色が薄ければできる可能性もある

自分でムダ毛の処理をするとき、特にどの部分の毛を処理できないなどはありません。
日焼けをしていようとほくろがあろうと怪我をしていようと関係なく行うことができます。
自分で行う処理はカミソリであったり、電気式のシェーバー、その他毛抜きやワックスなどを使います。

毛を物理的に切ったり抜いたりするので、肌の状況がどうなっているかなどはあまり関係ありません。
しかし脱毛サロンを利用する時には日焼けやほくろの部分は大きな問題になるので注意が必要になります。
日焼けをしているとできませんし、ほくろがある部分はシールなどで保護しながら行う必要があります。

そして痣がある部分も同様に保護をしてその部分は施術をしません。
ただ人によって色の度合いが異なるときがあります。
ほくろのように色がはっきりしていると行えませんが、あるのかないのかわからないぐらいの色だと光を照射したとしても他の肌同様に強く反応するわけではありません。
この時は問題なく行うことができます。
できるかどうかはサロンによって異なるでしょう。

光を使わない方法であれば行ってもらえる

医療技術はどんどん進歩しており新しいものが登場しています。
新しくなるほど以前の方法よりも良くなるのが一般的で、痛い治療方法しかなかったのに痛みが軽減されるようになるなどがあります。
脱毛に関しては美容医療であったりサロンで利用することができますが、かつては痛い方法が主流でした。

ニードル法と呼ばれる方法で、毛に電流を流して刺激を与えて毛根の成長を止めるようにしていました。
医療機関とサロンでは電流の力が異なっていますが、サロンにおいてもそれなりに痛みがあるため最近は光で行う方法が主流になっています。

痣がある部分の施術をしてもらうとき、光を使う機械では行ってもらえません。
多くのサロンではその部分だけ隠して行うなどになるので、どうしても毛が残ってしまいます。

あるサロンにおいては、新しい方法と以前の方法の両方が受けられるようになっています。
ニードル法は光を当てるわけではないので肌が黒いかどうかは特に問題にしません。
日焼けやほくろの部分などにも行ってもらえます。
痛みはありますが、その部分だけニードル法で行ってもらうと良いでしょう。

 

濃いものと薄いものがあり、濃いものは日焼けやほくろと同じ扱いになるためそれ以外の部分しか施術ができません。
色が薄い時は受けることができます。
サロンによっては電流を使う古いタイプの施術に対応してくれる時があります。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件