強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

脱毛のときはどのような服装で施術するの?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/26
    

新宿エリアにはキャリアウーマンがたくさんいて、美的センスの高い脱毛専門のサロンに行ってみたい女性も少なくないようです。カウンセリングに行くときや、施術を受けるとき、その帰りなどでは、適したファッションがあるのか、そうした服装についてもしっかり確認してみましょう。

着脱しやすい服装を選んでおこう

副都心高層ビル街が立ち並ぶ新宿エリアには、キャリアウーマンがたくさん集まるため、数多くの脱毛専門となるサロンが点在しています。新宿の南口、西口であれ、買い物や通勤にも便利なエリアです。

初めての利用であれば、脱毛のときの服装が気になるでしょうし、どんな格好で施術を受けるのかも気がかりでしょう。まず第一に、肌に直接脱毛機が触れる施術ですから、感染症の可能性はどうしても否めないでしょう。

ですから衛生面をまずは重要視しましょう。雰囲気を確認することはカウンセリングのタイミングでおこなえますから、契約を締結する前に、しっかりおこなっておきます。

また、脱毛のときの服装以前に、予約してから行く際にはキャリアウーマンらしく、スーツ姿で行くこともあるでしょうが、どんな服装が望ましいのでしょうか。決まりはありませんし、好きなファッションで問題ありません。施術前後に何かしらの予定があるのなら、相応しい格好があるでしょう。

ただし、着替えに時間がかかってしまえば、施術時間が短くなってしまうかもしれないので、着脱しやすさも考慮しましょう。

専用となる服装に着替えることができる

脱毛のときの服装としては、一概にはいえませんが、専用のガウンが用意されているものです。着替えてからの施術になりますが、ガウンであったり、ベアトップであったり、中にはペーパー式のショーツなどに着替えてからの施術になるサロンもあります。

痛みをほとんど感じずに脱毛できるのですが、施術後の肌への刺激にならないように、コットン素材などの負担にならない素材のガウンが提供されています。季節によって薄手や厚手に替えてくれるサロンもあるようです。デリケートな肌質の女性にはありがたく感じるのではないでしょうか。

もちろん、施術後のことも考慮し、肌に直接身につける下着は締めつけ感のないものを選んでおきましょう。脚やVIOなど、下半身の脱毛では肌刺激にはくれぐれも注意が必要になります。もちろん、サロンスタッフからもそうした注意事項については説明もされます。

上半身と下半身で異なる服装になる

新宿エリアのサロンでは、自由に部位を選べるコースもあります。例えば、ワキだけを集中的に処理したいという女性にとっては、ワキだけを露出すればいいワケです。顔の脱毛であれば、着用してきたままの服装で施術を受けられる場合もあります。

ワキならば、ズボンやスカートなどのボトムはそのままで、上半身だけはベアトップやペーパー式のブラジャーなどを身につけてから施術になるサロンもあります。下半身の場合には、トップスはそのままで、ペーパー式ショーツや専用のスカートに履き替えることが一般的です。

VIOならば、ペーパー式ショーツをズラしながら施術をおこなってくれます。すべてを露わにするケースはマレではないでしょうか。ですから、初めてでも安心してムダ毛の相談ができるはずです。

 

脱毛のときには痛みや仕上がりばかりが気になるものですが、初めての利用では、施術のときの服装も気になるものです。全裸でおこなうのか、それとも自分が着用していたままなのか、新宿エリアのサロンの多くは着替えが提供されています。

もちろん、肌に直接身につけるので、衛生面でも配慮されています。抗菌であれば、肌トラブルにもなりにくく、安心して施術を受けることができるでしょう。また、部位によって露わになることも確認しておきましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件