強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

剃り残しはNG?脱毛サロンに通う前にやってはいけないこと

    

剃り残しはNG?脱毛サロンに通う前にやってはいけないこと

 

脱毛サロンで綺麗な肌を目指すにはご自身で行う事前準備が大切です。
準備不足だと、肌を痛めてしまったり脱毛効果をきちんと得られないことがあるので、しっかり確認しておきましょう。
万全の状態で当日を迎え、美しい肌を手に入れたいですね。

 

 

 

3日から前日までにしっかりとムダ毛の自己処理を

〇脱毛サロンに行く前に大切な準備
その1つがムダ毛の自己処理です。
脱毛してもらうのに自分で剃っていくの?と思うかもしれませんが、脱毛サロンのフラッシュ脱毛のしくみは肌のメラニン色素を判別し照射していくことで、毛根にダメージをあたえ新しい毛を生えにくくするものです。
そのため、毛足が長いと毛根までしっかり効果が伝わらず脱毛効果があらわれにくかったり、反対に長い毛足や広い毛根内部に反応しすぎてしまい、赤みや火傷を起こしてしまうこともあります。

〇自己処理の時期
施術当日に処理してしまうと毛が短すぎて照射の反応が弱くなってしまうため、数ミリ毛のある状態で行けるような3日から前日までの処理がおすすめですね。
この事前処理をしっかり行うことが高い効果に繋がるため、しっかりと行っておきましょう。

 

もし自己処理ができなかったらどうなるの?

急な予定変更等で、万が一自己処理を忘れてしまったり、手が届きにくい背中やVIOライン等が剃れなかった、そういった場合はどうしたらよいのでしょうか。
大半の脱毛サロンでは基本の自己処理をきっちりしていけば、どうしても自分で行えない部分の処理に関してはサロンで行ってくれます。
しかし、追加料金が発生することも多く、カミソリや簡易的なシェーバーを使う場合もあるので肌には負担がかかってきます。
手が届かない箇所など、サロンで手伝ってくれる点は安心ですが、効果や肌負担を考えると自身での処理が一番有効なので、できる限りの範囲で自己処理をしていきましょう。
自己処理の際、カミソリは肌表面の角質まで削ってしまうので、非常にダメージが大きいです。
電気シェーバーの使用が最も安全安心なので、1つ常備しておくとよいですね。

 

施術前後のお酒や入浴、日焼けはNG!

〇他にも注意点がある
脱毛においては、自己処理以外にも注意点があります。
①施術前日から当日は特に、飲酒や入浴、激しい運動等は控える必要があります。
脱毛の施術時の肌は非常にデリケートな状態であり、光を照射することで軽い火傷のような状態となっています。
その状態の前後に体温を上げたり、血行を促進してしまうと赤みや火傷が強く出てしまうことがあるのです。
そのため、前日から施術の翌日ぐらいまでは安静にしてお酒や運動は控え、入浴はシャワーのみにしましょう。
②また、施術前後の乾燥は肌負担や効果の半減に繋がってしまうため、施術後数日間はボディ用のローション等でしっかり保湿をしましょう。
③また、日焼けに関しても同様に注意が必要です。
施術後の肌は軽い火傷状態なので、更に紫外線を浴びることで強い赤みや火傷を起こすことがあります。
日焼け直後の場合は施術を断られてしまうこともあるため、夏や外出時は特に施術前後の日焼け止めや保湿等のお手入れは重点的に行いましょう。

〇まとめ
★脱毛サロンに行く前の3日~前日までにしっかりとムダ毛の自己処理を行うことで十分な効果があらわれます。
当日の処理は効果が半減してしまうため必ず前日までに行っておきましょう。
効果のみならず肌負担面でも自己処理はとても大切です。
★万が一、当日処理しきれなかった箇所に関しては大半のサロンで行ってくれますが、料金がかかることが多く、効果があらわれにくくなったり、肌を痛めてしまいやすいので、電気シェーバーを使用し基本は自身での処理を行うことがおすすめです。
★また肌負担をかけず高い効果を実感するために施術前後は乾燥を予防し、保湿ケアをしっかり行ってください。
★自己処理以外にも体温上昇や血行促進は施術時や施術後に赤みや火傷を起こす恐れがあるため、施術前日から翌日にかけては飲酒、入浴、運動等は控え、日焼けにも十分注意しましょう。
自己処理や注意点を意識することが効率的に高い脱毛効果に繋がります。
脱毛サロンでぜひ綺麗な素肌を手にいれてくださいね。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件