強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

脱毛後のアフターケアはどうしたらいい?

    

脱毛後のアフターケアはどうしたらいい?

これから薄着になる季節、あなたの肌は今、自信をもって出すことが出来ますか?
今までは気温が低かったため肌を隠すファッションをしていた人が多かったのですが、最近外気温が一気に上昇したことで薄着になる人が増えています。
薄着になると今まで隠した肌もあらわになるので、きちんと処理をしないとムダ毛が目立ってしまいます。
夏になれば海やプールで水着になることがあり、綺麗な水着を着ても脇や背中にうなじなどにムダ毛があると台無しになってしまいます。
そのため、今の時期は脱毛でムダ毛処理をする人が急増しています。
脱毛をする際、施術前は毛を抜いたり日焼けをすることは禁止されています。
では、脱毛後はそうすればいいのでしょうか?

 

脱毛後にやっていいこと悪いこと

〇清潔に
・脱毛後は肌が敏感になっています。
そのため、脱毛当日は湯舟ではなくシャワーのみにしましょう。
湯舟には目には見えない雑菌が繁殖しています。
どんなに毎日しっかり洗っていても、排水溝までは綺麗にすることは難しいです。
100%起こるわけではありませんが、人によっては湯舟に入ったことで炎症がおこってしまったというケースもあります。
なので、湯船に入るのは脱毛をした次の日にするようにしましょう。

・脱毛をした後は肌が敏感になっています。
出来れば低刺激の保湿剤で肌に潤いをしっかりと与えましょう。
腕や脇だけではなく背中やうなじ、おしりなどが忘れがちになってしまいますが、脱毛をした個所はきちんとまんべんなく保湿をするようにしましょう。

〇脱毛後にしてはいけないこと
飲酒です。
脱毛の前後12時間はあるコール摂取することで肌の血行がよくなり、それによるかゆみが起こってしまいます。
個人差はありますが、人によっては脱毛効果が薄れてしまう事があります。
冬になるとインフルエンザなどの予防接種を受ける人がいるかと思います。

・基本的に予防接種は脱毛の10日前後はできません。
毛抜きによる自己処理は、肌を痛める原因となるので厳禁です。
市販のワックス脱毛や脱毛剤も肌を傷つけるので避けましょう。

 

決められたことをしっかり守ることで肌トラブルを最小限に抑えることが出来ます

脱毛をした後の肌は非常にデリケートです。
・そのため基本は脱毛した肌はしっかりと衛生的にする必要があります。

当日は入浴を避け、シャワーで肌を衛生的にしましょう。

敏感肌用のボディローションやクリーム、サロンが勧めている保湿ジェルでしっかりと保湿をします。

脱毛後は基本的に血行を促進するような行動は禁止です。
血行を促進することで炎症やかゆみが起こってしまい、個人差もありますがひどい場合は皮膚科へ受診せざるを得なくなります。
ですからエステやマッサージ、運動や入浴などの行為は脱毛当日は控えましょう。

また制汗剤や日焼けも当日は肌が敏感になっているのでやめましょう。

・女性に多いストッキングやむくみ防止のストッキングをはく機会が多いかと思いますが、締め付けるような服装は、肌にダメージを与えてしまう事があります。
締め付けるような服装やストッキングは、肌が落ち着くまでは避けましょう。

〇まとめ
脱毛後はいろいろと気を使わないといけないことがあります。
これらの事をしっかり守ることで、肌トラブルを回避することが出来、1週間から2週間後にはムダ毛がするんと抜けることが出来ます。
脱毛後だけではなく脱毛までにも気をつけなければいけません。
脱毛前もムダ毛を抜いたりカミソリで剃ることは肌を傷つけてしまうので禁止です。
脱毛をすることで自己処理の手間は省けて肌を傷つけずきれいな肌を維持することが出来ます。
今年の夏は脱毛をしてつるつる肌でアクティブに活動しましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件