強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

脱毛は痛い!?光脱毛はレーザー脱毛より痛くないって本当?

    

脱毛は痛い!?光脱毛はレーザー脱毛より痛くないって本当?

自分でムダ毛を処理したいけど、背中やうなじは自分ではできない。
自己処理をするとだんだん肌荒れや色素沈着が気になりだしたという人はいませんか?
そんな人に今おすすめなのが脱毛です。
サロンでの脱毛や医療機関での脱毛は、一人一人の肌の状態に合わせて照射する光を調節しながら脱毛を行っていきます。
今まで自己処理をして肌が傷ついてしまい皮膚科へ受診した経験があるという人には適した脱毛方法です。
脱毛方法で今注目されているのは、「光脱毛」と「レーザー脱毛」です。
レーザー脱毛は痛いという声がありますが、果たして本当なのでしょうか?

 

光脱毛とレーザー脱毛の違いとは?

光脱毛とレーザー脱毛の違いは一体何でしょうか?
簡単に説明をすると「照射する波長が違う」ということです。
・エステサロンで行われている光脱毛は、複数の波長で広範囲に当てていく方法です。
・レーザー脱毛は非常に照射する威力が強いことから、医療機関でしか扱うことが出来ません。
・光脱毛は威力が弱いので、誰でも優しく脱毛が出来るということです。
・その分永久脱毛効果はなく、レーザー脱毛は威力は強い分永久脱毛効果を感じることが出来ます。
医療機関で取り扱われているレーザー脱毛、体験した人の中では涙が出るほど痛かったという声があります。

 

はたして本当なのでしょうか?

〇医療脱毛も特徴
ダイオードレーザーなど医療用のレーザー機器を使用して脱毛を行っていきます。
エステサロンの場合、無資格者でも扱うことが出来ますが、医療レーザーは資格保有者しか扱うことが出来ないので安心感はあります。
施術ですが、痛みの感じるレベルには個人さがあります。
中でも痛みを感じやすい場所はデリケートゾーンです。
デリケートゾーンには太い毛が集中していることと粘膜に近いためほかの場所よりも痛みを感じでしまうのです。
そのため、医療機関では麻酔クリームを肌表面に塗ることで、痛みを軽減することが出来ます。
痛みが心配という人や痛みに弱い人はカウンセリングの際医師に申告すれば麻酔クリームを使用してくれるので安心です。

〇光脱毛の特徴
レーザーより出力が弱く、肌への負担も軽いです。
・同じようにデリケートゾーンの施術をしても肌を輪ゴムで軽く弾く程度の痛みなので問題ありません。
毛の成長期に合わせて施術を行うので2か月から3か月に1度の施術となります。
・ほとんど痛みがなく、施術も専用ジェルもしくは照射する部分を冷やしながら光を当てていくので、やけどの心配もなく、炎症が起こる心配もありません。

 

肌の状態や毛の状態によって痛みの感じ方は変わります

医療用レーザー脱毛は、確かに光脱毛とは照射するレベルが強いので痛みを感じやすいのは確かです。
しかし、必ず受ける人全員が涙が出るほど痛いという訳ではなく、毛の太さや肌の色、体質などによって痛みの感じ方が変わります。
特に女性の場合生理周期や排卵周期によっても痛みの感じ方は変わってくるため、必ず痛いという訳ではありません。

また痛みが気になるという人は医師が麻酔クリームを使用してくれるのであまり痛みを感じずに施術は終了します。
一方光脱毛はほとんどの方が痛みを感じずに行うことが出来ます。
生理周期や排卵周期などホルモンバランスに影響されることなく安心して施術はできます。
ただし、薬を飲んでいる場合は光に反応して火傷を起こす原因になるので施術をすることはできません。

日焼けをするとムダ毛以外の肌にまで光が当たってしまうため、痛みを感じやすくなってしまうので注意をしましょう。
永久にムダ毛を処理したい場合はレーザー脱毛、今あるムダ毛を細く目立たなくするなら光脱毛です。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件