強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

脱毛したら脇の汗が臭うって本当ですか?

    

脱毛したら脇の汗が臭うって本当ですか?

もし脱毛をするなら、まずどの部分をしたいと思いますか。
この質問に対し多くの方はまず「脇」だと思うのではないでしょうか。
脇は夏になると半そで、タンクトップなどを身につけるので嫌でも人の目につきやすいところです。
毎回自己処理をするには時間もかかり、カミソリなどで肌を傷つけてしまう可能性もあります。
新宿にも数多くの脱毛サロンがあり、脇脱毛のキャンペーンを実施しているところも多くあるので他のパーツよりもお手ごろに、簡単に脱毛を受けることが出来ます。
それほどに人気のある脇脱毛なのですが
脇脱毛のあとに以前よりも脇の汗が増えたと感じる人がいる
といううわさを聞いたことはありませんか。
それだけではなく、今までそうは感じなかった汗が臭うといううわさも同時に聞いたことはないでしょうか。
ここでは本当に脇の脱毛によって汗が増え、臭うようになるのかをみていきます。

 

汗の種類には2種類存在する

身体から何気に出てくる汗ですがこの汗にも実は2種類存在しています。
その2種類の汗の汗腺はそれぞれ分かれており、一つは「エクリル腺」、もうひとつは「アポクリン腺」といいます。
エクリル腺から出る汗の成分はほとんど水からできており、サラサラとしていて臭いません。
しかしもう一方のアポクリン腺から出る汗は汗のほかにも塩分、脂肪、アンモニアが含まれておりベタベタとした油っぽい汗で臭います。
エクリル腺は生まれながらにして存在しているのに対し、アポクリン腺は脇の下や乳首、陰部周辺などの特定されたところに思春期の頃から発達します。
これらはフェロモンを出すという役割もあるとみられています。

脱毛をすれば汗が増えるのか

実際のところ、脱毛したからといって脇の汗が増えることはありません。
何故脇の汗が増えたと感じるのかというと、今まで毛によって止められていた汗が脱毛をすることで毛穴だけになり、止められるところがなくなって、その汗が流れてくるためです。
さらに汗が増えたと自分で意識してしまうことで、その不安によって余計に汗が出てきてしまうのも原因です。

脱毛すれば汗が臭うのか

脇から出るあの不快な臭いは先ほど見たように「アポクリン腺」からでる汗に皮脂や垢、雑菌が混ざることが原因です。
その雑菌は毛根部分で繁殖するので、本来ならば脱毛すれば雑菌も共に減少し、嫌な臭いもましになるはずです。
しかし脱毛後に汗が臭うということは起こりえます。
何故臭いが増すのかというと、精神的な要因が大きいようです。
人は誰かに見られていたり、プレッシャーを感じたりすると、汗がでます。
脱毛時も同じことで、脱毛した部分の自分の汗がもしかしたら臭っているのではないかと異様に意識してしまい、普段よりも濃い汗をかいてしまうようです。

他にもストレスなどの精神的な要因以外にも汗が臭う原因はあります。
それは脱毛後の毛穴に皮脂や垢が詰まってしまっている場合です。
詰まっている皮脂や垢が汗腺を刺激し汗を余計に分泌させてしまったり、減ったりということがあるようです。
このような汗は垢を通じて肌表面に出るので臭いもいつもよりもきつく、黄色っぽい色が出てしまう可能性があります。

脱毛して汗が増えるわけでも、臭うわけでもないことがわかりました。
どちらの原因も脱毛したことによって自分の意識がそこばかりに向きすぎることが原因となりうるようです。
脱毛をしに行って汗が増えた、臭いがきつくなったと思うのは嫌ですよね。
汗が流れる対策に強めの制汗剤を使うなどして、
自分は臭っていない、大丈夫と自信をもつことが一番の汗対策だといえるのではないでしょうか。

 

 

ランキングはこちら


 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件