強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

脱毛後のお酒は大丈夫?脱毛とお酒のリスクについて

    

脱毛後のお酒は大丈夫?脱毛とお酒のリスクについて

今日では脱毛サロンも全国的に年々増加し、新宿でも街のいたるところに見受けられるようになりました。
そのため各サロンの競争によって、キャンペーンも多く実施されており、気軽に行くイメージではなかった脱毛サロンも今では美容院に行く感覚で行けるようになってきました。
脱毛にもサロンで受けられてお値段も比較的安い光脱毛や、医療機関でしか受けることのできないレーザー脱毛などいくつか種類がありますが共通して脱毛する日の前後に飲酒が禁止されていることはご存知ですか。
飲酒と脱毛に何の関係があるのかと思ってしまうかもしれませんが、何故脱毛日の前後にお酒を飲んではいけないのか、その理由をここではみていきたいと思います。

 

肌のトラブルを防ぐため

脱毛をする前にお酒を飲んでしまった場合についてまずみていくと、飲酒をすると血行がよくなって体温が上がってしまいます。
その火照った状態で光やレーザーなどの熱を当ててしまうとその熱もいつもより肌にこもりやすくなり、赤みやヤケド、人によっては痒みなどが起こりやすくなります。
またアルコールを摂取することで肌の乾燥を引き起こしたり、肌が敏感になるので施術による肌への負担が普段より大きくなってしまいます。
脱毛のあとに、もしうっかりお酒を飲んでしまった場合、この場合も肌にはすでに強い光を当てているので、肌に痒みが出て毛穴がぽつぽつと赤くなったりすることがあります。
そのときにもし掻いてしまうと肌に傷がついてせっかくきれいにしに行った肌が汚くなってしまいます。
例えばその日の施術が脇や顔だけなど身体の一部だとしても脱毛前後にお酒を飲むのは控えなければいけません。
なぜなら脇だけでも痒みが出て、万が一そこを掻いてしまったら肌に色素沈着を起こしたり、黒ずみの原因となるからです。
しかも脱毛後となると肌もいつもより敏感になっているので余計に黒ずみなどのあとが残りやすくなります。
そうなってしまうとなかなか元の状態には戻りにくいのです。

最低限のマナー

脱毛当日や前日にお酒を飲んでしまうと当然施術中に気持ち悪くなる可能性もあります。
最悪吐いてしまう可能性も考えなければいけません。
そうなれば本人も辛いですし、お店の方々にも迷惑がかかります。
吐くまでには至らないとしてもエステサロンにお酒臭いままで行くと施術中にも周りの方に迷惑がかかります。
そこは一般常識としてお酒を飲んだらエステには行くべきではないでしょう。
間違えてお酒をうっかり飲んでしまった、もしくは分かってはいたが会社の接待などでその場でお酒を飲むしかほかなかったという場合はせっかくの予約が惜しいのは理解できますが、キャンセルしたほうが無難です。
元々そういう場合が出てくる可能性が高いと自分で思うのなら最初のエステサロン選びなどで当日キャンセル無料のところを選んでおくべきでしょう。
つい「一杯だけ」という軽い気持ちで脱毛前後にお酒を飲むことで、肌を綺麗にしたいと思って脱毛サロンに行っているのにも関わらず思わぬ肌トラブルに見舞われて逆に汚くなってしまった、という可能性が出てくることを心得ておかなければなりません。
せっかくの2~3ヶ月に一回の脱毛の予約だからキャンセルしたくない、この日しか友達と飲みに行く予定が入れられなかった、絶対に行きたい合コンがあるから、など様々な理由はあると思いますが、だからといって脱毛とお酒を一緒にするのはやめましょう。
エステサロンのルールをキッチリと守り、正しい脱毛方法でより素敵な肌を手に入れたいですね。

 

 

ランキングはこちら

 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件