強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

脱毛が効果的な年齢はいくつ?脱毛適齢期を調べる

    

脱毛が効果的な年齢はいくつ?脱毛適齢期を調べる

 

脱毛サロンというと以前は女性のためだけの専売特許でしたが、男性向けのサロンなども多数でき、脱毛したい人の層がかなり広がりました。
この背景としてはフラッシュ脱毛、光脱毛など痛みのほとんどない手軽な脱毛法が普及したことが挙げられます。
サロンで脱毛をしてもらう人口は年々増加の一途ですが、近ごろはなんとキッズ脱毛も登場し、人気を博しています。
脱毛をするのには一体何歳ぐらいが適齢なのかをここで考えていきたいと思います。

 

キッズ脱毛は真剣に脱毛するというよりはファッション的な意味合いも

脱毛サロンで脱毛を受ける女性の年齢層は年々わかくなる傾向にあります。
最近では新宿や銀座などに「キッズ脱毛」も登場し、なんと3歳から、あるいは7歳から脱毛可能の脱毛サロンも増えています。
こんなに小さいうちから脱毛をしてはたして効果が得られるのかという疑問を持つ人も多いでしょう。
小さい子どものうぶ毛というのは非常に細く、光脱毛などをしても目に見える効果を得ることはあまり期待できないというのがほんとうのところと言っていいかもしれません。
また、皮膚が大人よりも柔らかくてデリケートなので光の照射を受けた後なども心配です。
いくら現在行われている光脱毛が安全だとはいえ、脱毛は光で黒い毛にダメージを与えながら除去していくわけですから毛穴周辺に刺激を受けることは間違いありません。
キッズ脱毛を行っているサロンは若いママが脱毛しているからついでに子連れで、といったファッション的な意味合いでサービスを提供しているようですので、3歳などあまり小さいころの脱毛は控えておいた方が無難でしょう。

あまり若いときに脱毛をしても二度手間になることが多い

12歳、14歳ぐらいで脱毛をしたいというティーンエイジャーもかなり多いようです。
学校でスイミングの時間に水着からムダ毛が出ると恥ずかしい、習い事でバレエに行っているからムダ毛をきちんと処理したいなどが脱毛をする動機ですが、未成年の脱毛には必ず親の同意書が必要です。
ただし専門家の意見を参考にすると、中学生ぐらいの若い女性が脱毛をしたとしても新陳代謝が活発なために数年でまたムダ毛が生えてきてしまい、脱毛をやり直さなければならなくなるケースがほとんどなのだとか。
ティーンエイジャーの腕や脚のムダ毛はナチュラルで好感が持てますし、逆にそんなに若いのにお肌がつるつるに脱毛してあるのも妙な感じがします。
あと数年待って成人になってから脱毛すれば二度手間にもなりませんので、ご両親としては娘さんにあと数年待つように説得するのが得策だと思います。
水着を着るときにVラインがどうしても気になるようであれば電気シェーバーで処理するのも一案でしょう。
お母さんが丁寧に剃ってあげてもいいですし、やっぱりプロの手に任せたいというのであれば脱毛サロンで剃ってもらうこともできます。

本格的な脱毛ができるのは18歳から

全身脱毛などの本格的な脱毛ができるようになるのは18歳からです。
18歳以上なら親の承諾書も必要がありません。
ただ個人差というものがあって、18歳でもホルモンバランスがまだ安定しておらず、生理がかなり不順な女性がいます。
こういう場合はまず専門家に相談し、全身脱毛をしても問題ないかどうかを確認しておくのがベストでしょう。
脱毛に使われている光は安全度の非常に高いものですが、デリケートな女性だとホルモンバランスの崩れがひどくなる可能性もゼロではないのです。
脱毛サロンに通う女性のほとんどは20代、あるいは30代。
中には美意識の高い40代の女性もいます。
それぞれのサロンによって対象年齢が若干変わってきますので、脱毛を考えている人はまずサロンを訪れて自分に合っているかどうかを確かめてみることも大切でしょう。

 

 

ランキングはこちら

 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件