強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

後悔しないハイジニーナ!今さら聞けないハイジーナ脱毛のABC

    

後悔しないハイジニーナ!今さら聞けないハイジーナ脱毛のABC

 

 

つるつるすべすべのお肌には憧れているけれど、自分で脱毛すると時間がかかるしきれいに処理できないし…脱毛は私たち女性にとっては共通の悩みの種です。
特にビキニラインのムダ毛処理となると自分一人でやるのは至難の業。
ここではビキニラインやOラインの施術を脱毛サロンで受ける際に必要な知識を集めてみました。
 

 

ハイジニーナとは?

下半身のビキニライン、お尻の奥、恥部の脱毛をきれいに処理している女性は「ハイジニーナ」と呼ばれています。
このハイジニーナは「hygine(衛生的)」という言葉から来たもので、一時欧米のセレブ女性たちの間で盛んにこの言葉が使われました。
このハイジニーナ脱毛を行っている脱毛サロンは新宿にも多く、短時間で効果を得られることもあってかなりの人気を博しています。
ハイジニーナ脱毛にはいくつかのメリットがあります。
まず、水着を着るときにムダ毛が見えないかどうかを気にしなくていいこと。
いちいち水着を着るたびにカミソリや毛抜きなどで自分のムダ毛処理をしているとお肌を傷つけやすいばかりか、毛穴が黒ずんできて醜くなってしまいます。
ですから腕や脚などは自分で何とかムダ毛処理ができるという人も、デリケートゾーンだけはプロに任せた方が得策です。
デリケートゾーンを清潔に、しかも快適に保てるのもハイジニーナ脱毛の優れた点です。
おりものや生理時の経血が付着しにくくなるために雑菌の繁殖を防ぐことができ、匂いやかゆみなどの不快な症状から解放されます。

ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛には違いがあるの?

デリケートゾーンの脱毛にはハイジニーナ脱毛の他に「VIO脱毛」というものがあります。
これはアンダーラインを一部だけ残して脱毛をするというもので、ほとんどの女性はIラインとOラインは全脱毛してVラインだけ少しヘアを残す方法をとっています。
残す部分のヘアは逆三角形、卵型など自分で好きなスタイルを選ぶことができます。

これに対してハイジニーナ脱毛ではアンダーヘアをすっかり脱毛処理してしまうという違いがあります。
サロンによっては両方をひっくるめてVIO脱毛と呼び、本人の希望でハイジニーナにも対応しているようです。
どちらのタイプが希望なのか、最初のカウンセリングの際に自分の意思をはっきりと伝えておくことが大切です。

ハイジニーナのデメリットと値段

ハイジニーナの目立ったデメリットというのはないのですが、家族で温泉旅行に行ったときなどに自分だけデリケートゾーンが無毛だとなんとなく違和感を感じることがあるかもしれません。
また、ハイジニーナの女性があまり好きではないという男性の意見が割合と多いという事実も無視できません。
ハイジニーナ脱毛は一回行うと何年も毛が生えてこないので、施術をしてもらう前に本当にハイジニーナでいいのか、それともVIO脱毛の方がいいのかをよく考えることをおすすめします。

ハイジニーナ脱毛の料金はたいていのサロンではVライン、Iライン、Oラインの3つに分かれています。
全部合わせても10万円を切る脱毛サロンが多く、もちろん分割払いもできますので、自分磨きの投資としてはそれほど高くはないと思います。
特に新宿エリアは料金が抑えめのところが多いようです。
デイプラン(平日の12時〜18時)を利用すると割引になるところもあるので、主婦の方にはこちらがおすすめです。

ハイジニーナ脱毛は場所がデリケートなだけに、女性によっては痛みをけっこう感じることがあるようです。
無料でお試し施術を行っている脱毛サロンもありますので、「痛みに耐えられるかどうか心配」という人はぜひ試してみることをおすすめします。

 

 

ランキングはこちら


 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件