強い勧誘が無く、口コミや評判がいい新宿の全身脱毛サロンまとめ

光脱毛とは何?レーザー脱毛との違いは?二つの脱毛を徹底比較

    

光脱毛とは何?レーザー脱毛との違いは?二つの脱毛を徹底比較

脱毛の方法はさまざまものがあり、どれを選択するかによって料金や施術に要する時間、仕上がりなどにかなりの違いが出てきます。
脱毛サロンに行って施術を受けようと決心した人はどんな施術法があるか、どれが自分のニーズにいちばんぴったりかをまず調べることが大切です。
ここでは主流の光脱毛とレーザー脱毛にポイントを絞ってその特徴を見ていきたいと思います。

 

光脱毛とは?光脱毛の注意点

「光脱毛」はエステティックサロンや脱毛サロンで主に行われている施術法です。
別名「フラッシュライト脱毛」とも呼ばれているこの脱毛法は「IPL(インテンスパルライト)」と呼ばれる機械で光を照射し、毛根にあるメラニンの部分を刺激して脱毛を促進するシステムとなっています。
光脱毛では複数の波長の光線を比較的広範囲に照射していきますので、一回の施術時間が比較的短いというメリットがあります。
出力もレーザー脱毛に比べると弱く設定されているので痛みが少なく、お肌への負担も最低限で済みます
ただ出力が弱いということは効果も弱いということですからレーザー脱毛のような永久脱毛は望めません。
あくまでも「減毛」「不再生脱毛」であることを忘れてはいけません。
何しろお肌への負担を少なくしてできるだけリーズナブルな料金で、というのであれば光脱毛で充分なのではないでしょうか。
光脱毛は「可視光線」で行うため、メラニン色素(黒い色)にだけ反応するという特徴があります。
ですからムダ毛が黒ければ問題はありませんが、白髪の場合には反応しにくくなってしまうという難点があるのも事実です。
ただし最近は白髪や金髪でも感応度の高い機器も開発されているということです。
さらに日焼けしている人も注意が必要です。
というのも、お肌がこんがり焼けている人はメラニン色素が皮膚表面に多いため、光線がムダ毛だけではなく皮膚の表面にも反応してしまうのです。
こうなるとやけどの危険性も高まるため、よく日焼けしている人は脱毛サロンに行っても断られるケースもかなりあります。

レーザー脱毛とは?レーザー脱毛の注意点

一方のレーザー脱毛は医療用レーザー機器を使用して脱毛しますので、この方法で脱毛したい人は脱毛サロンではなくてクリニックに行かなければなりません。
レーザー脱毛の特徴は単一の波長の光線を使用することにあり、「ダイオードレーザー(1998年にアメリカで開発)」「アレキサンドライトレーザー(1996年に同じくアメリカで開発)」などといった機器が使用されます。
出力が大きい分痛みを感じる人も多いので、この方法で脱毛施術を受ける際には事前に麻酔クリームを塗るところが多いようです。
レーザー脱毛は一回の施術でも相当の効果が期待できますが、施術当日はそのメリットがまだ実感できません。
ムダ毛が抜け始めるのは施術を受けた数日後です(個人差もありますが、効果がわかるのに1週間または2週間かかる人もいるようです)。
レーザー脱毛は脇の下などの箇所に効果を発揮しますが、手の甲や顔などといった薄いうぶ毛の脱毛にはあまり向いていません。
また色素沈着の濃い乳首やOラインなどには使えません。
ホクロがある部位なども熱が集中してしまうのでレーザーでの施術はできないという特徴があります。

光脱毛とレーザー脱毛、それぞれに特徴があることがわかりましたが、より良い効果を期待したいのであれば脱毛する部位に合わせて光とレーザーを組み合わせるのも悪くないアイディアです。

頭に入れておきたいのはカミソリや毛抜きを浸かっての自己処理はあまりおすすめできないということ。
お肌に負担がかかるばかりではなく、毛穴がひらいてしまうこともあります。

 

 

ランキングはこちら

 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件